無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
香港HSBC口座開設について(2017年11月14日時点)
hsbc6

香港HSBC口座開設について(2017年11月14日時点)

現在、香港HSBCには最低預金額によって以下3種類の口座があります。

・Personal Account:口座の平均残高がHK$5,000を切ると口座維持手数料(HK$60/月)がかかります。
・HSBC Advance:口座の平均残高がHK$200,000を切ると口座維持手数料(HK$120/月)がかかります。
・HSBC Premier:口座の平均残高がHK$1,000,000を切ると口座維持手数料(HK$340/月)がかかります。

香港非居住者の場合、口座開設手続き時にはHSBC AdvanceもしくはPremier口座のみ口座開設可能です。但し、口座開設から3ヶ月経過後、書面手続きでPersonal Account口座へのダウングレードが可能です。

HSBC口座開設と運用プランの申込に際して、以下のものをご用意ください。

◎ご本人パスポート(半年以上の有効期限が必要)
◎英語の住所証明1点(国際運転免許証もしくは在香港日本国総領事館が発行する住所翻訳証明)
◎マイナンバーカードもしくは住民票など納税者番号が記載された書類
◎海外からショートメッセージ(SMS)受信可能な携帯電話(セキュリティデバイスの登録作業時に使用)
※英文の銀行残高証明書(アドバンス口座=20万HKD、プレミア口座=100万HKD相当額以上の残高が必要)
※銀行通帳もしくは出金証明書類(日本円の現金を入金する場合に必要)

上記◎は必須書類、上記※は任意書類となりますが、できるだけ全ての書類を揃えて頂くことをお薦めします。

英語の住所証明につきまして、運転免許をお持ちの方は、出来るだけ国際運転免許証を取得されることをお薦めさせて頂きます。マンション・アパートにお住まいの方は、国際運転免許証にマンション・アパートの部屋番号を必ず記載してもらうようにしてください。

在香港日本国総領事館が発行する住所翻訳証明の取得を希望される場合、住民票もしくは戸籍謄本の英訳文を申請人自身が作成する必要があります。

なお、弊社経由で運用プランお申込予定のお客様におかれましては、香港で銀行口座開設必要書類のアドバイスをさせて頂きますが、口座開設手続き時にはお客様ご自身で口座開設目的を英語でご説明頂く必要がございますので、日常会話レベルの英語力が必要となります。香港HSBC以外では、中国銀行(最低預金額:1万HKD)、スタンダードチャータード銀行(最低預金額:20万HKD)での口座開設アドバイスも可能です。

また、海外での資産運用に関して必ずしも香港での銀行口座開設が必要なわけではありません。日本のネット銀行の海外送金手数料も安くなってきているので、一時払いの運用商品であれば、日本のネット銀行経由での送金をお薦めさせて頂いております。また、日本発行のクレジットカードでお支払可能な運用商品もあります。

海外で運用する金融商品の将来の解約返戻金の入金先として香港の銀行口座を活用されると便利なケースもあるので、香港へお越しの機会には香港での銀行口座開設をトライして頂けると良いかと思います。
ブログに合格点を!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
| 香港IFA木津英隆 | HSBC口座開設 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: