無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ムーディーズ、中国と香港の格付けを引き下げ
china21

ムーディーズ、中国と香港の格付けを引き下げ

5月24日付の日経新聞によると、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが中国の長期国債格付けを引き下げました。共産党と政府が景気下支えを目的に公共投資を積み増すなか、財政の悪化に警鐘を鳴らした形となりました。潜在成長率の低下や地方政府の傘下企業の偶発債務にも懸念を示しています。金融市場への影響は限定的でしたが、政府が着手した国債保有者の拡大を通じた人民元の国際化は出ばなをくじかれた格好となりました。

ムーディーズによる中国の格下げは28年ぶりで、「Aa3(ダブルAマイナスに相当)」から1段階引き下げ、日本やサウジアラビアと同じく最上位から5番目となる「A1(シングルAプラスに相当)」となりました。格下げの理由についてムーディーズは「潜在的な成長率が低下するなかで債務が増え続け、中国の財政面の強さがそがれる」と説明しています。同社は今後5年間で中国の潜在成長率が5%程度まで低下するとみていますが、中国当局による成長目標の引き下げはより緩やかになると分析しています。

株式や為替など金融市場への影響は限定的で、上海総合指数は取引開始後に1.3%安まで下げましたが、最終的には上昇して取引を終えました。元の対ドル相場もほぼ横ばいで、ムーディーズが今後の格付け見通しを「安定的」としたことで、「一段の格下げは避けられる」(大手銀行)との見方が広がっています。

ムーディーズは香港の格付けも「Aa1(ダブルAプラスに相当)」から「Aa2(ダブルAに相当)」に引き下げました。その根拠として(1)香港は中国本土と密接につながっているため、本土の信用状況は香港に影響する(2)「一帯一路」や証券市場の相互乗り入れなど、香港が参画する本土のプロジェクトはますます増えている(3)本土からの貿易・旅行者が香港に占める割合はどんどん高まっている(4)中国が香港の政治機構と政策制定時に関与した証拠がさらに多く見つかれば格付けをさらに引き下げる−を挙げています。これに対し特区政府の陳茂波・財政長官は、本土の融資の質が高いことや「一帯一路」への参加は香港経済全体にとって利益になることなどを挙げ、「ムーディーズの観点は非常に同意できない」と批判しています。
ムーディーズ社は2014年にも日本が消費税増税を先送りした影響で、日本国債の格付けを「Aa3」から「A1」に1段階引き下げています。今回の中国国債の格下げで金融市場への影響は限定的でしたが、人民元国際化へ向けての課題が浮き彫りとなりました。地方政府が出資して設立する投資会社「地方融資平台」にはシャドーバンキング(影の銀行)の資金が流れ込み、非効率な投資の温床になっているとの見方もくすぶっています。情報開示の遅れが今回の格下げの遠因になっているようにも思いますので、国際社会から信用される統計システムの構築も急務と言えます。

香港の格付けは引き続き、日本と中国を上回る「Aa2(ダブルAに相当)」を維持しています。香港は今年返還20周年の節目を迎えますが、ムーディーズ社が格下げの理由として、「一帯一路」や証券市場の相互乗り入れなど、香港が参画する中国本土のプロジェクトがますます増えていることを挙げたことは私自身も違和感を感じています。証券市場の相互乗り入れに続き、香港と中国本土で債券の相互取引は年内にも始まる見込みとなっています。相対的に金利が高い中国の債券への投資は外国人投資家にとっても魅力的なはずですが、ここでも情報開示が課題となることは確かです。香港在住の金融マンの一員として、今後の流れを注意深く見守っていきたいと思います。

ブログに合格点を!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

【6/2-3香港&6/4深セン開催】海外で作る自分年金セミナー参加者受付中!

【6/24-25上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会参加者受付中!

【7/1東京開催】海外で作る自分年金セミナー参加者受付中!
| 香港IFA木津英隆 | 日本と世界経済 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: