無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
投信不信 迷うマネー 金融庁批判で「毎月分配」自粛
mori1

投信不信 迷うマネー 金融庁批判で「毎月分配」自粛

5月7日付の日経新聞によると、個人の代表的な資産運用商品である投資信託がパッタリと売れなくなっています。2016年度は14年ぶりに解約と償還額が購入額を上回る資金流出を記録しています。主因は圧倒的な人気を誇った「毎月分配型」の急ブレーキです。長期で資産を形成する投信を増やしたい金融庁と売れる商品を提案できない金融機関のはざまで、行き場を失った個人マネーがさまよっています。

「消費者の真の利益を顧みない生産者の論理が横行している。そんなビジネスを続ける社会的な価値があるのか」。先月、日本証券アナリスト協会が都内で開いた資産運用のセミナーで、金融庁の森信親長官は強い口調で投信業界への批判を展開し、多くの証券関係者が集まった会場は水を打ったように静まり返ったそうです。

運用益を払い戻せば複利効果が得られにくくなるにもかかわらず、世界的な低金利で運用難に直面し、分配金に投資家が払い込んだ元本を充てるファンドが多いのが現状です。分配金が全て元本の投信さえあります。投資家が毎月得る分配金の一部は運用益ではなく自分たちが払ったお金なのです。

神奈川県の40代の主婦は「分配金は精神安定剤。毎月ちゃんと出ていれば安心できる」と話しています。京都市の60代の主婦も「投信は基準価額の変動が大きすぎて心配。元本割れしたとしても毎月分配型以外は買わない」と話しています。個人は長期運用に不安を抱いています。

日本国内ではなぜ「毎月分配型」ばかりが売れていたのか、これは日本の学校で「複利効果」さえも教えてもらえない金融教育の欠如が影響しているように思います。日本人は過去の長期間に渡って労働でこつこつ貯めたお金を銀行の定期預金で運用することが美徳とされてきました。しかし、日本国内のゼロ金利政策の長期化によって、金利のつかなくなった定期預金の一部が毎月分配型投信で運用されてきましたが、毎月の分配金が運用益を下回る投信が多く、結果として多くの毎月分配型投信が元本割れを引き起こしてきました。
金融庁の森信親長官が強い口調で「生産者の論理が横行している。」と言ったそうですが、これは投信業界に関わる者なら誰でも共通の認識があると思います。毎月分配型投信が悪いわけではありませんが、毎月の分配金が運用益を下回る投信は分配金の支払いを停止するなど、業界としてのルール作りが大切だと思います。

投資の基本は長期コツコツ積立&複利運用が大切であることは、海外なら小学生レベルで教わる内容です。日本の小学校にも金融科目を設置して、子供の頃からお金の運用の仕方を真剣に学ぶことを本気で考えた方が良い時期に来ていると思います。日本も長い金融鎖国の時代が明けて、本当の意味での金融開国が始まるきっかけが出来たという意味では、今回のニュースは朗報と言えるかもしれません。

ブログに合格点を!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

【6/2-3香港&6/4深セン開催】海外で作る自分年金セミナー参加者受付中!

【6/24-25上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会参加者受付中!
| 香港IFA木津英隆 | 日本と世界経済 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: