無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
銀聯カードの海外引き出し制限について
china15

2015年10月1日付の産経ニュースによると、中国国家外貨管理局は、約6億人に普及しているという中国の「銀聯カード」を使って海外で外貨を引き出す際の上限額を、来年1月1日から1枚当たり1年間で最高10万元(約190万円)までとする規制を設けることを決めたとのことです。現在は1日1万元(約19万円)まで引き出しや決済が可能ですが、これに年間の上限が追加されることになります。

外貨管理局はまた、10月1日から始まった国慶節(建国記念日)の7連休を含め、今年12月31日までの期間も5万元(約95万円)の上限を追加しました。

外貨管理局では今回の規制の理由を「マネーロンダリング(資金洗浄)問題への対策」と説明していますが、海外を訪れる中国人観光客の「爆買い」を支えてきたカードだけに、日本国内のスーパーやデパート等の売上にも影響が及ぶことになりそうです。

中国に駐在する日本人も、これまでは日本へ一時帰国時に1日1万元(約19万円)相当の日本円を日本国内のATM機で引き出すことができていましたが、これも来年からは1枚当たり1年間で最高10万元(約190万円)までに制限されることになります。

また、中国から一人2万元もしくは5,000米ドルを超える現金持ち出しは税関への申告が必要となります。中国から国外へ海外送金できる金額も年間5万米ドルまでと制限されています。

中国に駐在する日本人の皆様は、まず最初に香港で銀行口座開設をして頂き、中国から国外へ海外送金可能な年間5万米ドルの枠内で、計画的に香港の銀行口座への資金移動計画を立てられることをお薦めさせて頂きます。

香港の香港ドル口座に預けた資金は、1日2万香港ドル(約31万円)相当まで世界中のATM機の現地通貨で引き出し可能で、年間引き出し額の制限もありません。皆様の大切なお金はアジア随一の国際金融センターである香港で活かすことをご検討ください。
ブログに合格点を!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

海外で自分年金&自分保険プランの個別相談をご希望の方は、お気軽に弊社の個別相談申込フォームもしくはメールでお問合せください。

【11/21深セン11/22香港開催】海外で作る自分年金セミナー参加者受付中!
| 香港IFA木津英隆 | 中国在住者向けプラン | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: