無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
上海&香港の越境株取引スタート
上海と香港の両証券市場は本日、11月17日から相互に上場株式の売買注文を取り次ぐ越境取引制度をスタートさせました。香港や海外の投資家に香港市場を通じて中国株の売買を一定の範囲で自由化するほか、中国本土の投資家は人民元の資金で香港株の売買が可能になり、取引拡大が期待されています。中国側は越境株式取引で資本市場開放と人民元の国際化を進めることができるメリットがあり、香港のデモ継続中でも取引に支障はないと判断し、実施に踏み切りました。中国当局は越境取引で得た利益について、暫定的に免税する方針とのことです。

一方、香港住民の人民元両替上限(1日2万元)が本日、11月17日から撤廃されることになりました。両替上限の撤廃は香港の金融界がかねて中央に求めていたもので、上海・香港両証券市場の相互乗り入れが17日に開始するのに合わせて実現することとなりました。香港金融管理局(HKMA)の陳徳霖総裁は「相互乗り入れが開始されれば投資家はA株に投資するため人民元の需要が高まるが、今のところ需要を見積もるのは難しい」と述べています。このほか、人民元決済協定は修正されないため、1日8万元となっている送金上限は変わらないと指摘しています。

今後も中国が経済的に開放すればするほど、香港は国際金融センターとしての前途が広がっていくことが期待されます。今回の上海・香港両証券市場の相互乗り入れ開始のニュースによって、香港の資本市場や人民元業務は益々拡大していくことになりそうです。その一方、中国本土市場における人民元の完全な自由化にはまだまだ長い時間を要することが見込まれるため、香港は引き続き中国本土に対するゲートウェイ市場としての役割も継続していくことになりそうです。
ブログに合格点を!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

海外で自分年金&自分保険プランの個別相談をご希望の方は、お気軽に弊社の個別相談申込フォームもしくはメールでお問合せください。

【上海開催】海外で作る自分年金セミナー(12月20日)&個別面談会(12月21日)参加者受付中!
| 香港IFA木津英隆 | 香港金融案内 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: