無料ブログ作成サービス JUGEM
【立花聡の雑談会】人生・仕事の「負け方」「勝ち方」とアジア移住・移働・移財サバイバルセミナー後記
2015年1月31日(土)14:00〜17:00までグランド・メルキュール虹橋上海ホテル2階の蘭花庁(Orchid Room)において、【立花聡の雑談会】人生・仕事の「負け方」「勝ち方」とアジア移住・移働・移財サバイバルセミナーが開催されました。長時間のセミナーにもかかわらず、寝ている人は一人もおらず、約30名の参加者の皆様が真剣に話を聞き入っている姿が印象的でした。弊社クラアイントからもセミナー内容をシェアしてほしいとのリクエストを頂いていたため、以下のとおり、セミナー後記を作成させて頂きました。

● 恥晒し初公開、立花聡の失敗だらけの自己史

・1994年にロイター上海の駐在員としてやってくる。そのとき、個人的なことで親戚に訴えられ、パスポートが差し押さえされてしまう。裁判のため、半年間も出国することができず、業務上の損失が発生した。その後、裁判には完全勝訴したが、パスポートを返却してもらえただけで、業務上の損失に対する損害賠償金を請求することができなかった。それを機会に、中国の法律について学ぶことを決意。日本人では唯一の中国の労働法博士号を取得する。

・2005年、上海でレストラン経営に乗り出し、北海道企業数社とタイアップして、当時としては珍しかった高級日本料理店「アイヌランド」を開業した。店は100席以上の大型サイズだったが、固定費がかかりすぎて、経営が行き詰まった。コスト削減のために北朝鮮産の安い毛ガニを仕入れたかったが、株主との調整がうまくいかず、難航した。仕入担当者がバックマージンを取り、醤油1本の仕入れ値がスーパーで買う醤油よりも高かった。結局、2000万円の損失を出して、2年半で店をたたむことになった。この時点で、財産のほぼ全てを失った。

・2013年、ミャンマー進出。日本企業の進出がまだ少なく、自社が得意とする人事労務コンサルティングのニーズがなかったため、半年で撤退することになった。

● 平均二敗一勝の人生は上出来、バラ色のリスク

・立花氏が経営する上海エリス・コンサルティング社は、多いときは24名の社員数がいたが、現在の社員数は一けた台。コンサルタントの育成は簡単ではないため、事業を拡大するのではなく、事業を絞り込むことを選んだ。

● リスクを取る怖さとリスクを取らない怖さ

・2001年にロイター社の退職を決意したとき、当時の上司から「世の中には変えられるものと変えられないものがある」と言われた。会社が変わらないなら、自分を変えるしかない。上司から「ロイター社の大きな看板を外して、自分の看板で立花商店をやれるものならやってみろ。」と言われて発奮した。それが今でも座右の銘になっている。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | マレーシア移住 | comments(1) | - | - | - |
マレーシア移住のススメ
マレーシアは気候が温暖で、生活費は日本の半分以下、リタイア後のご褒美人生を楽しもう!

ここ最近、弊社クライアントの中でも、MM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)ビザを取得して、リタイア後にマレーシア移住を希望される日本人シニア層の方々が増えてきています。特にマレーシアの首都クアラルンプールの日本人会は世界一サークル活動が活発な日本人会と言われており、いま現在、70以上のサークルが活動しているそうです。マレーシアも広いので、ペナンやコタキナバルといった海沿いの街でスローライフを楽しむ方もいるそうですが、日本人同士あるいはローカルの人達との交流を楽しむのはやはりクアラルンプールの日本人会に参加するのが良さそうです。

マレーシアでは週2回の家事ヘルパーを月1万円ぐらいの給料で雇うことができるので、奥様を家事から開放させてあげることができます。また、ローカル市場に新鮮な野菜や果物が豊富にあるので、うまくやりくりすれば、生活費は日本の半分〜3分の1程度で済みます。更に、LLCのエアアジアを利用して、近隣のリゾート地へ手軽に出かけることができるので、リタイア後のご褒美人生を充実した毎日にすることができるそうです。マレーシアは年間を通して気候が温暖で、体にかかる負担も少なく、人との交流が多いおかげか、既に移住されている日本人シニア層の皆様はとても生き生きしており、私の両親と同年代とは思えないほど若々しいご様子でした。医療施設も非常に充実しており、大きな病院には日本人通訳がいて、医療レベルも日本と遜色ないそうです。日本人が入居可能な介護施設もあるので、高齢の両親を介護するために移住することも可能です。また、他民族国家であるマレーシアの学校は非常にインターナショナルなので、子供と一緒に親子留学されるご家族も増えています。

しかしながら、MM2Hビザの申請条件は年々厳しくなっており、申請希望者も急増していることから、仕事をリタイア後に検討するのではなく、仕事を現役の段階から計画的な移住プランを考えておいた方が良さそうです。現在のMM2Hビザ申請条件は、50歳以上で約1,050万円(35万RM)、50歳未満で約1,500万円(50万RM)以上の流動資産証明および約30万円/月(1万RM)以上の収入証明の提示が必要となります。また、本申請時に50歳以上で約450万円(15万RM)、50歳未満で約900万円(30万RM)の定期預金口座の開設が必要となります。年齢が50歳以上の方が、申請条件が緩いのですが、リタイア後は約30万円/月(1万RM)以上の収入証明の提示が難しくなる可能性が高いので、MM2Hビザは仕事が現役の間に申請するのが現実的と言えるでしょう。

マレーシアに移住するもう一つの利点としては、マレーシアでは国内収入のみが課税対象となり、国外収入については非課税となるため、香港の投資優遇税制を活用して運用で増やしたお金をマレーシアに持っていて使っても課税されずに済みます。弊社では今後、MM2Hビザの申請代行サービスもサポートさせて頂きますので、ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | マレーシア移住 | comments(0) | - | - | - |
情報を制する者が世界を制する
大型の台風発生で、搭乗予定だったフライトがキャンセルされてしまいましたが・・

去る9月21日(土)に上海にて、上海エリスコンサルティング社主催で開催された「現役のマレーシア移住・本気準備編セミナー」は、参加費が一人200元の有料セミナーであったにもかかわらず、約30名の方にご参加頂き、大変有意義な時間となりました。今回は特別講師として、マレーシア政府公認のMM2H代行業者であるステップ1マレーシア代表取締役の中村直輝氏より「語られざるマレーシア移住の表と裏」というテーマでお話頂き、マレーシア在住者でなければ知ることのできない現地の生情報を教えて頂き、大変参考になりました。マレーシア政府公認のMM2Hビザ取得に関しては、申請時に50歳未満で50万リンギ(約1,500万円)、50歳以上で35万リンギ(1,050万円)の流動資産証明が必要となりますが、この条件を満たす方であれば、取らない理由はないと言えるほど有利な条件になっているとのことでした。MM2Hビザ取得の詳細については、ステップ1社の以下のHPをご参照ください。
http://www.step1malaysia.com/

しかしながら、中村氏によると、マレーシアでの不動産購入に関しては、マンションの賃貸利回りがそれほど高くなく、短期投資でのキャピタルゲインも狙える状況ではないということで、長期滞在目的の不動産購入を除いて、投資目的の不動産購入には慎重になった方が良いということでした。こうした情報は現地に住んでいる方にしか分からない情報であるため、まさに、情報を制する者が世界を制する、と言えます。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | マレーシア移住 | comments(0) | - | - | - |
HKM掲載「マレーシア移住のススメ」
マレーシアは気候が温暖で、生活費は日本の半分以下、リタイア後のご褒美人生を楽しもう!

先日、出張でマレーシアの首都クアラルンプールを訪問してきました。今回はMM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)ビザ取得に関する情報収集をしてきたのですが、リタイア後にマレーシア移住を希望される日本人シニア層が急増しているそうです。特にここクアラルンプールの日本人会は世界一サークル活動が活発な日本人会と言われており、いま現在、70以上のサークルが活動しており、沢山のサークルを掛け持ちしているとても元気な日本人シニア層にお会いすることもできました。マレーシアも広いので、ペナンやコタキナバルといった海沿いの街でスローライフを楽しむ方もいるそうですが、日本人同士あるいはローカルの人達との交流を楽しむのはやはりクアラルンプールの日本人会に参加するのが良さそうです。

<生活費は日本の半分〜3分の1程度>
マレーシアでは週2回の家事ヘルパーを月1万円ぐらいの給料で雇うことができるので、奥様を家事から開放させてあげることができます。また、ローカル市場に新鮮な野菜や果物が豊富にあるので、うまくやりくりすれば、生活費は日本の半分〜3分の1程度で済みます。更に、LLCのエアアジアを利用して、近隣のリゾート地へ手軽に出かけることができるので、リタイア後のご褒美人生を充実した毎日にすることができるそうです。マレーシアは年間を通して気候が温暖で、体にかかる負担も少なく、人との交流が多いおかげか、既に移住されている日本人シニア層の皆様はとても生き生きしており、私の両親と同年代とは思えないほど若々しいご様子でした。医療施設も非常に充実しており、大きな病院には日本人通訳がいて、医療レベルも日本と遜色ないそうです。日本人が入居可能な介護施設もあるので、高齢の両親を介護するために移住することも可能です。また、他民族国家であるマレーシアの学校は非常にインターナショナルなので、子供と一緒に親子留学されるご家族も増えています。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | マレーシア移住 | comments(0) | - | - | - |