無料ブログ作成サービス JUGEM
香港の保険運用が有利な理由


香港の保険運用が有利な理由

香港の保険商品は元本確保型の資産運用商品としては世界一競争力が高いと言われております。なぜ世界中の富裕層の資金が香港に集まってくるのか、これにはいくつかの理由があります。

まず、米ヘリテージ財団が発表した2018年の「経済自由度指数」で香港は24年連続で世界一の評価を得ています。経済自由度指数は「ビジネスの自由」「貿易の自由」など12項目
を100点満点で評価したものですが、香港は「財政の健全さ」では満点を獲得しています。香港では戦後は一度も保険会社が倒産したことはなく、2008年のリーマンショック時にも香港内の銀行預金は全額保護の対象となったため、個人が安心して資産運用できる環境が整っています。

香港の保険商品は、米ドル、香港ドル、人民元の3通貨で運用することができますが、米ドル建て保険で比較した場合、日本国内で購入できる米ドル建て保険よりも最低利率が高くなります。

例えば、日本国内M保険が提供するUSドル建一時払終身保険に40歳男性が加入する場合、一時払い保険料US$100,000に対して、30年後の最低利率はUS$138,860(元本の1.39倍)となります。一方、香港のS保険が提供する一時払い確定利回り型個人年金プランに40歳男性が加入する場合、一時払い保険料US$101,336に対して、30年後の最低利率はUS$187,850(元本の1.85倍)となります。

次に、日本国内M保険が提供する積立型のUSドル建終身保険に30歳男性が加入する場合、年間保険料US$2,861x15年払い(総支払い保険料=US$42,912)に対して、65歳時の最低利率はUS$63,381(元本の1.48倍)となります。一方、香港S保険が提供する積立型の確定利回り型個人年金プランに30歳男性が加入する場合、年間保険料:US$2,810x15年払い(総支払い保険料=US$42,152)に対して、65歳時の最低利率はUS$83,240(元本の1.97倍)となります。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 香港金融案内 | comments(0) | - | - | - |
オフショア資産運用が有利な理由


オフショア資産運用が有利な理由

2018年7月4日付け日経新聞によると、金融庁が投資信託を販売する銀行に実施した調査で、投信を保有する個人投資家の半数近くが損失を抱えている実態が明らかになりました。過度な分配金や短期の売買で十分な運用収益を得られず、長期の資産形成に結びついていないケースが多く見受けられます。販売会社も改革に動きつつありますが、事態を重く見た金融庁は運用成績の共通指標などで顧客本位の徹底を求めています。

金融庁が都銀や地銀の計29行を対象に2018年3月末時点の運用損益を調べたところ、損失を抱える顧客は46%と全体の半分近くに達しています。ここ数年は緩和マネーの流入で世界的に株価が堅調に推移しています。本来なら個人が高い収益を得て良いはずですが、実態が異なるのは「日本固有の投信の構造」があるからと言えます。銀行や証券会社はかねて自らの手数料収入を優先し、個人の短期売買を助長しているとの批判がありました。販売手数料ばかりがかさめば、肝心の運用利回りは低下してしまうことになりかねません。ある金融庁幹部は「金融機関のトップは手数料収入の多寡は気にしても、顧客がもうけられているかは見向きもしてこなかった」と批判しています。

「日本固有の投信の構造」について、運用コストにあたる信託報酬以外にも、ファンドの監査費用、売買委託手数料、先物取引費用、ファンド保管費用、信託事務費用など、様々な名目の費用がファンド時価より天引きされます。これらの費用は事前に料率や上限額などを示すことができない費用となっており、特に外国株式や外国債券で運用する投信ではコストが高くなる傾向があり、ファンドの運用成績が市場平均のベンチマークを下回る原因にもなります。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | オフショア投資 | comments(0) | - | - | - |
インデックス運用vsアクティブ運用
インデックス運用vsアクティブ運用



2018年3月12日付け日経新聞によると、米著名投資家で「オマハの賢人」と呼ばれるウォーレン・バフェット氏は、経営するバークシャー・ハザウェイの株主に年に一回送る手紙の中で、株価の暴落は今後も訪れるとしたうえで「冷静でいれば、それは好機となる。また運用を手数料の高いプロに任すより、インデックス(指数連動)型投資信託を活用した方が良い。」と勧めています。

2017年はバフェット氏が08年から続けているヘッジファンドとの「闘い」に決着がついた年でした。バフェット氏は07年のバークシャー・ハザウェイの株主総会で100万ドルを賭ける勝負の挑戦者を募りました。S&P500種株価指数に連動する米バンガード社のインデックス投信の成績が、挑戦者が選ぶヘッジファンドの成績を手数料控除ベースで上回ればバフェット氏の勝ちというルールでした。

「銘柄選びの神様」ともいわれるバフェット氏がなぜインデックス投信に肩入れするのでしょうか。実はバフェット氏は毎年株主にあてて書いている手紙の中で、これまで何度も「普通の人はS&P500に連動するインデックス投信でいい」というアドバイスを続けています。自分は様々な銘柄を選別する能力を持っているが、普通の人には必ずしもそれは簡単ではないというのが彼の考え方です。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 資産運用のコツ | comments(0) | - | - | - |
オフショア籍ファンド積立投資プラン


オフショア籍ファンド積立投資プラン

本プランは、ケイマン諸島に本拠地を置く証券会社が提供するプランとなります。ケイマン諸島はイギリスの海外領土で、オフショア非課税となる国際金融センターの一つです。世界中の機関投資家がSPC (=Segregated Portfolio Company)を設立し、顧客の資産と会社の資金を完全に隔離することで、顧客の資産が保護される仕組みを提供しています。運用対象は約150種類のファンドリストから最大20種類のファンドを組み合わせて運用することができ、年間15回まで無料でファンドの変更手続きを行なうことができます。毎月の最低積立額は、5年積立てプランで毎月USD200以上、10年以上の積立プランで毎月USD100以上、追加投資は毎月USD50単位でご契約可能です。積立通貨は米ドル・ユーロ・英ポンドの3種類から選択可能です。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | オフショア投資 | comments(0) | - | - | - |
ドル建て高度医療保障プラン


ドル建て高度医療保障プラン

本プランはカナダ系大手生命保険会社のサンライフ社が提供する高度医療保障プランとなります。本プランの保障内容につきまして、重篤症状(Major Stage Critical Illness)・初期症状(Early Stage Critical Illness)・糖尿病・再発保障を含む132種類の症状に対して、当初の10年間が基本保障額(Original Sum Assured)の300%まで、それ以降は基本保障額の200%までの保険金がお支払されます。

例えば、35歳女性の方で、基本保障額(Original Sum Assured)が5万USDの場合、以下のようなプランの提案が可能です。

<5年払いプラン>
プラン名:SunHealth UltraCare 5
現在年齢:35歳女性・非喫煙
基本保障額(Original Sum Assured):USD50,000
医療保障額(初年度〜10年後):基本保障額の300%=USD150,000
医療保障額(11年目〜100歳):基本保障額の200%=USD100,000
年間保険料:USD4,491(x5年払い)
総支払い保険料:USD22,455(一時払いの場合=USD21,801)
解約返戻予定額:65歳時USD56,540、85歳時USD161,658
生命保障予定額:85歳時:USD161,658、100歳時:USD339,228

<10年払いプラン>
プラン名:SunHealth UltraCare 10
現在年齢:35歳女性・非喫煙
基本保障額(Original Sum Assured):USD50,000
医療保障額(初年度〜10年後):基本保障額の300%=USD150,000
医療保障額(11年目〜100歳):基本保障額の200%=USD100,000
年間保険料:USD2,441(x10年払い)
総支払い保険料:USD24,410
解約返戻予定額:65歳時USD54,253、85歳時USD154,040
生命保障予定額:85歳時:USD154,040、100歳時:USD324,697
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 年金と保険 | comments(0) | - | - | - |
元本確保型個人年金プラン(55歳〜100歳満期)


元本確保型個人年金プラン(55歳〜100歳満期)

本プランはカナダ系大手生命保険会社のサンライフ社が提供するプランで、高格付け債券を中心とした運用となりますので、一定の運用期間を満たすことで元本以上の配当収入を得られるプランとなります。

配当受取開始年齢は55歳〜70歳の間で選択可能です。配当受取開始年齢以降、年間受給予定額が毎年増加していくプランとなりますので、人生100年時代の長生きリスクに対応したプランとなっております。

本プランの掛け金と保険料は予算に応じて自由に設定することができますが、例えば、申込時年齢40歳で、配当受取開始年齢を65歳、毎月の保証月収額をUSD300に設定した場合、以下のようなプランの提案が可能です。

<55歳〜100歳満期プラン(5年払い)>
申込時年齢:40歳 配当受取開始年齢:65歳
年払い保険料:USD10,005x5年
総支払い保険料:USD50,027(一時払いの場合=USD48,570)
年間受給予定額:65歳時=USD4,941、75歳時=USD6,417、85歳時=USD9,176、95歳時=USD14,331
総収入予定額:USD322,076(元本の6.44倍)

<55歳〜100歳満期プラン(10年払い)>
申込時年齢:40歳 配当受取開始年齢:65歳
年払い保険料:USD5,183x10年
総支払い保険料:USD51,831
年間受給予定額:65歳時=USD4,844、75歳時=USD6,167、85歳時=USD8,582、95歳時=USD12,989
総収入予定額:USD299,943(元本の5.79倍)
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 年金と保険 | comments(0) | - | - | - |
混迷する日本の社会保障改革(19)


混迷する日本の社会保障改革(19)

<前回より>

政府は公的年金の受け取りを始める年齢について、受給者の選択で70歳超に先送りできる制度の検討に入りました。年金の支給開始年齢を遅らせた人は毎月の受給額が増える制度を拡充し、70歳超を選んだ場合はさらに積み増す方針とのことです。

現在の公的年金制度では、受け取り開始年齢は65歳が基準で、受給者の希望に応じて、原則として60〜70歳までの間で選択することができます。受け取り開始を65歳より後にすれば毎月の受給額が増え、前倒しすれば減る仕組みになっていますが、政府は受給開始年齢の上限をいまの70歳から75〜80歳程度に引き上げることを想定しています。

受給開始年齢の引き上げで支給が不要になる分を、その後の受給額上乗せの財源に充てるとのことですが、そんなに事がうまく運ぶとは思えません。国の基礎的財政収支(PB)の対象経費のうち医療や年金などの社会保障関連費用は44%超を占めています。22年から団塊の世代が75歳以上になり始め、医療や介護にかかる費用はさらに膨らむ見通しです。

内閣府の試算では歳出抑制に手を着けなければ、社保費の膨張や物価上昇で国の歳出は18年度の97.7兆円から、25年度に120.5兆円まで膨らみ、その後も自然体のままでは大きく膨張する歳出をどのように抑えていくかを示す必要がありますが、政府は楽観的な経済成長シナリオを描くのみで、少子高齢化の現実に目を背けているとしか思えません。

最低でも国家財政の破綻を回避し、将来世代に禍根を残さないためには、いまの現役世代の皆様は医療費の負担が増え続け、年金支給額が減り続けることを覚悟しなければなりません。人生100年時代、つまり100歳まで現役で働き続ける覚悟が必要な時代が来た、と考えざるを得ません。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 日本と世界経済 | comments(0) | - | - | - |
混迷する日本の社会保障改革(18)
japan39

混迷する日本の社会保障改革(18)

<前回より>

今年もいよいよ年の瀬となり、来年の日本経済を展望する時期となりました。来年も日銀の異次元緩和政策と戦後最長となるアベノミクス景気による円安と株高が続く可能性が高いように思いますが、その背後に隠された副作用と財政リスクに十分気をつける必要があると思います。

第一生命経済研究所・首席エコノミストの熊野英生氏によると、来年4月に任期を迎える日銀の黒田総裁が再選された場合、金融引き締めへ向けた出口政策をますます急がなくなり、緩和政策継続の副作用が日本経済を害することになります。具体的には、マイナス金利が銀行などの収益を圧迫することになるため、すでに大手銀行は人員削減を発表しています。また、債券市場は機能を低下させ、年金基金など機関投資家も運用収入の減少に苦しんでいます。

2018年以降も、異次元緩和を延長すれば、より強い副作用で日本経済の屋台骨がぼろぼろになります。黒田総裁は自分が始めた巨大緩和を自分できっちりと終わらせる責任があると言えます。

また、2018年度予算案の概要が明らかになり、一般会計の歳出総額は97.7兆円前後で、17年度当初から0.3兆円程度増えて、過去最大を更新します。総額の3割超を占める社会保障費は医療費や介護費が膨張し、0.5兆円前後増加することになります。国債費を除いた政策経費を、新たな借金に頼らずどれだけ賄えるかを示す「基礎的財政収支」は引き続き約10.4兆円の赤字となります。

国家の健全財政の基準は対GDP比100%以内とされていますが、日本の国債発行額は対GDP比246%となっており、対GDP比が200%を越えるのは、主要先進国の中では有史上例がない状況です。このまま次世代への負担が増え続けていく状況が続けば、年金や医療等の社会保障制度は制度そのものを維持していくことが難しくなり、次世代への禍根を残すことになります。病気やけがをしても実際の治療費の1〜3割のお金を支払えば誰でも治療を受けられる国民皆保険制度は既に瀕死の状態に陥っています。

将来世代に禍根を残さないためには、自分の年金は自分で用意しておくことで国民年金制度に頼らずに生活できるだけの老後の準備を遅くとも30代から始めておくこと、病院などで必要性の低い薬や湿布剤の処方を頼まないといった対応を一人一人の現役世代が心がけることが益々大切な一年になっていくことと思います。

続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 日本と世界経済 | comments(0) | - | - | - |
ドル建て貯蓄型生命保険プラン(2)
love1

ドル建て貯蓄型生命保険プラン(2)

本プランはカナダ系大手生命保険会社のサンライフ社が提供する貯蓄型生命保険プランとなります。本プランは保険料を高格付け債券を中心に運用することで、将来的には支払った保険料以上の返戻金もしくは保険金が得られるプランとなります。

初年度生命保障額20万USD、20年払いプランの場合、以下のようなプランの提案が可能です。

【30歳男性の場合】
プラン名:LIFE Super 20
現在年齢:30歳男性・非喫煙
初年度生命保障額:USD200,000
年間保険料:USD2,532(x20年)
総支払い保険料:USD50,640
解約返戻予定額:20年後USD60,802(元本の1.20倍)、65歳時USD101,278(元本の2.00倍)
生命保障: 70歳時USD244,505、80歳時USD282,927、100歳時USD433,130

【30歳女性の場合】
プラン名:Life Super 20
現在年齢:30歳女性・非喫煙
初年度生命保障額:USD200,000
年間保険料:USD2,406(x20年)
総支払い保険料:USD48,120
解約返戻予定額:20年後USD60,685(元本の1.26倍)、65歳時USD100,474(元本の2.09倍)
生命保障: 70歳時USD242,964、80歳時USD279,535、100歳時USD423,352
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 年金と保険 | comments(0) | - | - | - |
ドル建て貯蓄型生命保険プラン(1)
usd13

ドル建て貯蓄型生命保険プラン(1)

本プランはカナダ系大手生命保険会社のサンライフ社が提供する貯蓄型生命保険プランとなります。本プランは保険料を高格付け債券を中心に運用することで、将来的には支払った保険料以上の返戻金もしくは保険金が得られるプランとなります。

例えば、35歳男性・非喫煙の方が、10万USDの生命保障が付くプランへの加入を希望される場合、以下のようなプランの提案が可能です。

<5年払いプラン>
プラン名:LIFE Brilliance 5
現在年齢:35歳男性・非喫煙
初年度生命保障額:USD100,000
年間保険料:USD7,637(x5年)
総支払い保険料:USD38,185(一時払いの場合=USD37,073)
解約返戻予定額:20年後USD85,109(元本の2.23倍)、65歳時USD147,536(元本の3.86倍)
生命保障: 70歳時USD314,917、80歳時USD430,985、100歳時USD860,402

<10年払いプラン>
プラン名:LIFE Brilliance 10
現在年齢:35歳男性・非喫煙
初年度生命保障額:USD100,000
年間保険料:USD4,074(x10年)
総支払い保険料:USD40,740
解約返戻予定額:20年後USD80,296(元本の1.97倍)、65歳時USD137,880(元本の3.38倍)
生命保障: 70歳時USD297,356、80歳時USD403,061、100歳時USD785,951

<15年払いプラン>
プラン名:LIFE Brilliance 15
現在年齢:35歳男性・非喫煙
初年度生命保障額:USD100,000
年間保険料:USD2,927(x15年)
総支払い保険料:USD43,905
解約返戻予定額:20年後USD77,793(元本の1.77倍)、65歳時USD129,517(元本の2.95倍)
生命保障: 70歳時USD284,966、80歳時USD380,313、100歳時USD717,677

<20年払いプラン>
プラン名:LIFE Brilliance 20
現在年齢:35歳男性・非喫煙
初年度生命保障額:USD100,000
年間保険料:USD2,464(x20年)
総支払い保険料:USD49,280
解約返戻予定額:20年後USD73,709(元本の1.50倍)、65歳時USD125,136(元本の2.54倍)
生命保障: 70歳時USD269,456、80歳時USD356,522、100歳時USD658,144
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 年金と保険 | comments(0) | - | - | - |