無料ブログ作成サービス JUGEM
混迷する日本の社会保障改革(14)
abe10

混迷する日本の社会保障改革(14)

<前回より>

年金支給額の上昇をおさえる「マクロ経済スライド」を強化する国民年金法改正案は11月29日午後の衆院本会議で、与党などの賛成多数で可決されました。

今回の年金法改正案には、現役世代の将来の年金受給水準を維持するため、賃金の変動に合わせて年金額を改定する仕組みが盛り込まれています。物価が上昇しても賃金が下がり、年金額も下がる可能性があるため、野党は「年金カット法案」と批判していますが、新ルールは年金制度の持続可能性を高めるために必要な方策の一つと言えます。

公的年金は毎年の物価や現役世代の賃金の変動に合わせて、支給額を改定しています。これまでは物価よりも賃金が下がった場合には、原則として物価分だけしか支給額を減らさない、といった仕組みになっていました。

新ルールでは、賃金が減るならばそれだけ現役世代が苦しくなり、年金制度を支える力も弱まるので、賃金が減った分と同じだけ年金も減ります。さらに今回の法案には、年金受給者の増加や現役世代の減少に合わせて、年金支給額を毎年小刻みに切り下げていく「マクロ経済スライド」と呼ばれる仕組みの見直しも盛り込まれています。

内閣府調査によると、マクロ経済スライドが発動された場合、公的年金をもらえる額から支払った額を差し引いた生涯収支を世代間で比べると1955年生まれ(61歳)世代の収支は数千円のプラスに縮小し、それ以下の世代の収支はマイナスになります。最も損をする1985年生まれ(31歳)は712万円の受け取り不足になります。

今回の対策のほかにも、制度の持続可能性を高めるためには、年金の受給開始年齢の見直しや、私的年金の充実などの大きな改革が避けて通れない状況となっています。いまの現役世代の皆様は、自分の年金は自分で作る時代が来た、と考えるのが賢明です。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 日本と世界経済 | comments(0) | - | - | - |
NZドル建てプライベートエクイティ
nzd2

NZドル建てプライベートエクイティ

南半球の楽園と言われるニュージーランド(以下NZ)は人口470万人、一人当たりGDPはUSD44,294(日本はUSD37,540)、国土面積は26.8万平方キロ(日本の約72%)、主要産業は酪農製品・肉類・林産品・水産物等で、人間よりも羊の数が多いと言われております。人権自由度ランキング1位、世界平和ランキング4位、経済自由度ランキング5位との調査結果もあり、世界中の富裕層にとって魅力的な移住先の一つとなっております。

世界銀行が190カ国を対象に行った「ビジネスのしやすい国ランキング2017年版」で、NZは初めてトップの座につきました。10の評価分野のうち「起業のしやすさ」や「建設認可」「不動産登記」「資金調達」など5分野でNZはトップの評価を得ています。NZはインターネットの普及や行政の電子化などIT先進国で、世界のIT企業が最新サービスを実験するテスト市場ともなっています。近年、NZは「南太平洋のシリコンバレー」に成長しており、IT関連の輸出額は、酪農や観光に次いで第3位です。

NZは年間約7万人の移民を受入れております。NZは相続税、贈与税がかからないこともあり、近年は富裕層の移住先として人気を集めています。また、外国からの不動産投資に対して大きな規制がないため、NZ国内の不動産価格もここ数年、年平均5〜6%上昇しており、アジア圏(特に中国)からの不動産投資に沸いております。

「NZドル建てプライベートエクイティ」は事前承認された適格投資家のみを対象としております。概要は以下のとおりです。

・不動産、建築、観光業など成熟期にある非上場の中小企業に対して、投資対象となる企業を審査して融資する
・年利8%(四半期毎分配)が目標
・オープンエンド型のため、随時換金可能
・購入手数料3%、運用管理費用1.25%/年(四半期毎支払い)
・年利8%を越える部分に関して成功報酬20%
・最低預入金額NZ$250,000(約2,000万円)
・追加投資は1万NZD単位
・NZ非居住者の場合、認定発行者課税(AIL)が適用され、利息に対して適用される課税率は2%のみ。
・送金時の通貨は、日本円、米ドル、ユーロ、英国ポンド、豪ドル、NZドルから選択。

本プランは郵送手続きでの申込が可能です。

為替レート1NZD=80円(2016年11月30日現在)
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | NZ投資&移住 | comments(0) | - | - | - |
海外口座の凍結にご注意ください!
china19

海外口座の凍結にご注意ください!

中国人民銀行9月30日発表文にて、本年12月1日より「6ヶ月間入出金のない口座は凍結するように」との通達が出されました。これに基づき、凍結解除には身分証持参の上、口座を開設した当該都市の支店での手続きが必要となります。

上記の通達に限らず、中国に駐在する日本人の方は、駐在期間中から定期的な資金移動計画を立てておくことが肝要と言えます。中国の銀行から個人で海外送金する場合、年間5万USドルまでの送金が可能ですが、必ず銀行の窓口まで出向く必要があります。

中国国外に現金を持ち出す場合、外貨は1回当たりUSD5,000相当額まで、人民元は1回当たり2万元までしか持ち出すことはできません。

銀聯マークの付いたATMカードなら、中国国外で1日1万元相当の現地通貨引き出しが可能となりますが、年間の引き出し合計額が10万元までに制限されています。

中国の特別行政区である香港は、一国二制度で中国の外為規制の影響は受けないため、送金上限や現金持ち出しといった規制はありません。但し、香港の銀行口座も2年間入出金のない口座は凍結されてしまうため、口座の定期的なメンテナンスが必要となります。

香港ドル口座内の資金は世界中の銀聯対応ATM機で現地通貨を引き出し可能ですので、日本国内であれば、郵便局もしくはセブン銀行のATM機で半年に1回以上、現金引き出しをすることで、口座を常にアクティブな状態に保つことができます。

香港現地で申込可能な個人年金プラン、貯蓄型生命保険プランなどの保険料引落し口座としておくことでも口座をアクティブな状態に保つことができますので、海外で将来的な年金保険対策を考えている方にとっては一石二鳥と言えます。

海外での安易な口座開設は、定期的なメンテナンスを怠ると、口座凍結によって将来の負担となってしまうケースも多く見受けられます。海外での口座開設は、資金移動と資金運用の計画をセットで考えてから、実行に移されることをお薦めさせて頂きます。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 香港金融案内 | comments(0) | - | - | - |
香港の一国二制度は2047年以降も有効
hk87

香港の一国二制度は2047年以降も有効

香港の袁国強・司法長官はこのほど、雑誌『紫荊』のインタビューを受け、2047年以降の問題に言及しました。袁長官は「法的観点でみると香港基本法のうち第5条(現行の資本主義制度と生活スタイルを維持する)だけが『50年不変』を提示しており、他の条文にこの期限はない」と指摘し、基本法が返還後50年で自動的に失効するとの条文はないため、「2047年6月30日以降も法的効力がある」と強調しました。

さらに「政治的考量などの要素は基本法やその他の法律を凌駕すべきではなく、さもなくば法治精神に反する」と述べ、基本法に違反する行為があれば政府は対処する責任があるとけん制したほか、過去数年見られている議員の議事妨害や司法手続きの乱用を批判しました。

基本法委員会委員で香港大学法律学院の陳弘毅・教授も「全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が2047年前後に基本法を改正しない限りは基本法に失効や満期は存在しない」と解説しました。

一方、香港中文大学香港亜太研究所が18歳以上の市民710人を対象に電話アンケートを行ったところ、回答者の38.9%が「もしチャンスがあるなら海外に移住する」と答えました。

移住を考えている人の57%が30歳以下、51歳以上は26%で、大卒以上の学歴を持つ人は53.8%でした。移住の理由は、特区政府や行政長官への不満が11%、狭苦しい居住環境が10.5%、社会不安と政治的対立、経済的不況がそれぞれ10.3%を占めました。最も多くの人が選んだ移住先は台湾で、オーストラリア、カナダがこれに続きました。

一方、香港への帰属意識については、回答者の約43%が「大きい」「とても大きい」と答え、「普通」と答えたのは40%。香港社会については、最も不満なのは政治環境で、満足していると答えた人はわずか7.1%、最も満足しているのは社会福利の約30%でした。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 香港金融案内 | comments(0) | - | - | - |
MSFG貴金属取引&不動産担保ローンについて
gold1

MSFG貴金属取引&不動産担保ローンについて

MSFG社は香港に拠点を置き、貴金属現物取引、不動産担保ローン、不動産ファンド、保険仲介、貴金属卸売、飲食店フランチャイズ経営などの業務を行なっており、香港の金銀貿易場ライセンス、貸金業ライセンス、保険代理業ライセンスを保有しています。

MSFG貴金属取引&不動産担保ローン投資商品は、顧客の預かり資産の30%を現金で保有、残り70%を不動産担保ローン、金スポット取引、飲食店フランチャイズ経営、保険仲介などの事業に投資されます。

例えば、不動産担保ローンでは現時点で月利1.6%(年利19.2%)の金利収入を得ることができております。香港では不動産価格の上昇が続いていることから、今後もこうした不動産担保ローンへのニーズは底堅い状況が続くと思われます。

また、金スポット取引では1トレード当たり10%の手数料収入を得ることができています。市場で金価格の上昇が続いていることから、今後もこうした金スポット取引が増え続けていくと思われます。

本プランの運用期間は1年もしくは2年、予定利回りは、10万HKD以上の投資で年利8%、60万HKD以上の投資で年利9.6%となります。

満期時の受け取り方法につきまして、香港ドルもしくは金現物のいずれかをご契約時に選択して頂くことになります。

本プランは郵送手続きでもお申込可能ですが、出来るだけ香港現地で説明を受けてから、投資可否のご判断をされることをお薦めさせて頂きます。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 金投資 | comments(0) | - | - | - |
混迷する日本の社会保障改革(13)
japan35

混迷する日本の社会保障改革(13)

敗戦を告げる玉音放送の半年後の1946年2月16日夕刻の渋沢敬三蔵相によるラジオ演説で国民は「国家財政の敗戦」を知らされました。「預金の支払制限 世帯主三百円」「新日銀券を発行」……。

元財務相の藤井裕久氏(84)は「旧円に証書を貼った紙幣を新円代わりにしたことをよく覚えている」と語っています。預金封鎖と新円切り替えの準備は極秘に進められ、新札を刷る余裕がなかったためです。

米経済学者のカーメン・ラインハート氏とケネス・ロゴフ氏は金融危機の歴史を研究した大著「国家は破綻する」で事実上の国内債務デフォルト(不履行)の例に終戦直後の日本を挙げています。同書によると45年のインフレ率は568.1%。政府は国民の財産を吸い上げ、インフレで債務の実質価値を目減りさせて、戦時国債で借りたお金をなんとか返したとのことです。

70年後の日本、ネット上には「発行残高1000兆円の国債は政府の債務で国民は1000兆円の債権者」「国債のほとんどは国内で消化しているから財政破綻には至らない」といった言説があふれています。戦時国債もほぼ国内で消化され、国民は債権者だったが紙くず同然になってしまった過去を既に忘れてしまったかのようです。

今の日本の財政状況は異常です。国際通貨基金(IMF)の最新の統計によると日本の国内総生産(GDP)に対する債務残高は249%でギリシャの178%を大きく上回っています。第2次世界大戦中の44年の204%より高く、古今東西を見回しても46年の英国の270%に匹敵し、大戦でもないのに史上最悪に近い状況と言えます。

それでも日本には1,700兆円と言われる豊富な個人金融資産があるため、国家は最終手段として預金封鎖と新円切り替えを行なうことで、財政破綻を回避することができます。さすがに現代において預金封鎖はあり得ないと思いますので、現実的には今後さらに深刻になる少子高齢化社会に備えて、税収を増やし、社会保障関連費用を効率化することで対応していくことになると思います。

消費税10%引上げは再延期となり、人口減少が続く日本で今後の税収増は望むべきもありません。今後はやはり国民年金、国民健康保険といった社会保障関連費用が大幅に縮小されていくことを前提として、全ての日本国民は自らの老後を自らで守る必要性に迫られています。現在の現役世代の皆様は、老後の暮らしを公的年金制度に頼ることなく、自分の年金は自分で作る時代が来た、と考えるのが賢明です。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 日本と世界経済 | comments(0) | - | - | - |
ドル建て元本保証型個人年金プラン(5年〜20年積立型)について
usd5

ドル建て元本保証型個人年金プラン(5年〜20年積立型)について

本プランはカナダ系大手生命保険会社のサンライフ社が提供する元本保証型個人年金プラン(5年〜20年積立型)となります。本プランは高格付け債券を中心とした運用となりますので、一定の運用期間を満たすことで元本以上の配当収入が保証されたプランとなります。年金の受取方法は、配当収入もしくは一時収入のいずれかを選択することができます。

本プランの掛け金と保険料は予算に応じて自由に設定することができますが、例えば、本プランの「Initial Protection Amount」をUSD20,000に設定した場合、以下のようなプランの提案が可能です。

<5年積立て型プラン>
プラン名:Sun Promise Income Plan 5
申込時年齢:35歳
年払い保険料:USD9,363x5年
総支払い保険料:USD46,816(一時払いの場合=USD45,453)
解約返戻金:20年後USD86,541(元本の1.85倍)、65歳時USD143,631(元本の3.07倍)

<8年積立て型プラン>
プラン名:Sun Promise Income Plan 8
申込時年齢:35歳
年払い保険料:USD6,223x8年
総支払い保険料:USD49,784
解約返戻金:20年後USD88,130(元本の1.77倍)、65歳時USD141,523(元本の2.84倍)

<12年積立て型プラン>
プラン名:Sun Promise Income Plan 12
申込時年齢:35歳
年払い保険料:USD4,518x12年
総支払い保険料:USD54,218
解約返戻金:20年後USD85,115(元本の1.57倍)、65歳時USD138,516(元本の2.55倍)

<15年積立て型プラン>
プラン名:Sun Promise Income Plan 15
申込時年齢:35歳
年払い保険料:USD4,033x15年
総支払い保険料:USD60,498
解約返戻金:20年後USD83,644(元本の1.38倍)、65歳時USD139,980(元本の2.31倍)

<20年積立て型プラン>
プラン名:Sun Promise Income Plan 20
申込時年齢:35歳
年払い保険料:USD3,429x20年
総支払い保険料:USD68,580
解約返戻金:20年後USD83,067(元本の1.21倍)、65歳時USD138,918(元本の2.03倍)

本プランの将来の解約返戻金は確定利回り(Guaranteed Value)と予定利回り(No Guaranteed Value)に分類されます。予定利回りは金利変動によって、将来の受取額に変動があります。

なお、本プランは香港現地でのみお申込可能なプランとなります。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 年金と保険 | comments(0) | - | - | - |
ドル建て元本保証型個人年金プラン(60歳〜90歳満期)について
usd3

ドル建て元本保証型個人年金プラン(60歳〜90歳満期)について

本プランはカナダ系大手生命保険会社のサンライフ社が提供する元本保証型個人年金プラン(60歳〜90歳満期)となります。本プランは高格付け債券を中心とした運用となりますので、一定の運用期間を満たすことで元本以上の配当収入が保証されたプランとなります。年金の受取方法は、配当収入もしくは一時収入のいずれかを選択することができます。

本プランの掛け金と保険料は予算に応じて自由に設定することができますが、例えば、60歳以降の毎月の保障月収額をUSD300に設定した場合、以下のようなプランの提案が可能です。

<60歳〜90歳満期プラン(5年払い)>
申込時年齢:35歳 満期時年齢:60歳〜90歳
年払い保険料:USD8,642x5年
総支払い保険料:USD43,210(一時払いの場合=USD41,952)
(配当収入の場合)
運用期間:35歳〜60歳、受給期間:60歳〜90歳
60歳時ボーナス:USD9,000、受給予定額:毎月USD480x30年、総収入:USD181,656(元本の4.20倍)
(一時収入の場合)
解約返戻金:60歳時USD97,589、70歳時USD157,878、80歳時USD240,382

<60歳〜90歳満期プラン(10年払い)>
申込時年齢:35歳 満期時年齢:60歳〜90歳
年払い保険料:USD4,646x10年
総支払い保険料:USD46,463
(配当収入の場合)
運用期間:35歳〜60歳、受給期間:60歳〜90歳
60歳時ボーナス:USD9,000、受給予定額:毎月USD449x30年、総収入:USD170,532(元本の3.67倍)
(一時収入の場合)
解約返戻金:60歳時USD91,086、70歳時USD148,178、80歳時USD226,024

<60歳〜90歳満期プラン(15年払い)>
申込時年齢:35歳 満期時年齢:60歳〜90歳
年払い保険料:USD3,376x15年
総支払い保険料:USD50,637
(配当収入の場合)
運用期間:35歳〜60歳、受給期間:60歳〜90歳
60歳時ボーナス:USD9,000、受給予定額:毎月USD433x30年、総収入:USD164,952(元本の3.26倍)
(一時収入の場合)
解約返戻金:60歳時USD87,802、70歳時USD143,311、80歳時USD218,820

本プランの将来の解約返戻金は確定利回り(Guaranteed Value)と予定利回り(No Guaranteed Value)に分類されます。予定利回りは金利変動によって、将来の受取額に変動があります。

なお、本プランは香港現地でのみお申込可能なプランとなります。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 年金と保険 | comments(0) | - | - | - |
ドル建て元本保証型個人年金プラン(6年〜10年運用)について
usd6

ドル建て元本保証型個人年金プラン(6年〜10年運用)について

本プランはカナダ系大手生命保険会社のサンライフ社が提供する元本保証型個人年金プラン(6年〜10年運用)となります。本プランは高格付け債券を中心とした運用となりますので、一定の運用期間を満たすことで元本以上の配当収入が保証されたプランとなります。年金の受取方法は、配当収入もしくは一時収入のいずれかを選択することができます。

本プランの掛け金と保険料は予算に応じて自由に設定することができますが、例えば、毎月の保障月収額をUSD300に設定した場合、以下のようなプランの提案が可能です。

<6年運用(12年満期)プラン>
申込時年齢:45歳 満期時年齢:51歳〜57歳
一時払い保険料:USD20,720
(配当収入の場合)
運用期間:45歳〜51歳、受給期間:51歳〜57歳
51歳時ボーナス:USD3,000、受給予定額:毎月USD338 x6年、総収入:USD27,314(元本の1.32倍)
(一時収入の場合)
解約返戻予定額:51歳時USD24,840、54歳時USD27,425、57歳時USD31,255

<8年運用(16年満期)プラン>
申込時年齢:45歳 満期時年齢:53歳〜61歳
年払い保険料: USD8,462x3年払い
総支払保険料:USD25,385(一時払いの場合=USD25,011)
(配当収入の場合)
運用期間:45歳〜53歳、受給期間:53歳〜61歳
53歳時ボーナス:USD3,000、受給予定額:毎月USD362 x8年、総収入:USD37,762(元本の1.49倍)
(一時収入の場合)
解約返戻予定額:53歳時USD32,110、57歳時USD38,028、61歳時USD45,009

<10年運用(20年満期)プラン>
申込時年齢:45歳 満期時年齢:55歳〜65歳
年払い保険料: USD5,931x5年払い
総支払保険料:USD29,657(一時払いの場合=USD28,793)
(配当収入の場合)
運用期間:45歳〜55歳、受給期間:55歳〜65歳
55歳時ボーナス:USD3,000、受給予定額:毎月USD378 x10年、総収入:USD48,372(元本の1.63倍)
(一時収入の場合)
解約返戻予定額:55歳時USD38,914、60歳時USD48,689、65歳時USD60,098

本プランの将来の解約返戻金は確定利回り(Guaranteed Value)と予定利回り(Non-Guaranteed Value)に分類されます。予定利回りは金利変動によって、将来の受取額に変動があります。

本プランは香港現地でのみお申込可能なプランとなります。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 年金と保険 | comments(0) | - | - | - |
イギリスよ、どこへ行く
uk1

イギリスよ、どこへ行く

6月23日の国民投票で英国の欧州連合(EU)離脱が決まり、英国内の世論の亀裂が深まっています。残留を支持した首都ロンドンでは「独立」を求める署名に16万人超が名を連ね、国民投票のやり直しを求める署名も300万人を超えました。国論を二分した投票は地域間や世代間の溝を浮き彫りにし、次期政権に重い課題を突きつけています。

国民投票の結果を受けて、スコットランド行政府のスタージョン首相は、2014年9月に反対多数で否決された英国からの独立を問う住民投票を再度実施する準備を始めています。同首相はEUと残留に向けた交渉を始めたい考えを示しています。

北アイルランドでは、民族主義政党シン・フェイン党がアイルランドとの統合を問う住民投票の実施を求めています。EU離脱が決まった後、EU加盟国であるアイルランドの国籍を取得する資格を持つ住民によるパスポートの申請が殺到しているそうです。

ロンドンの金融街シティーの将来にも暗雲が漂っています。単一通貨ユーロを採用していないのにユーロや米ドルを軸に世界の外国為替取引の4割を担っているのは、EU加盟国の看板があってこそだからです。

世代間の溝も深く、離脱を支持したのは高齢層が中心だったのに対して、その年金財源などを主に負担しているのは、残留を求めた若年層ら現役世代です。「民意」を無視された若年層は高齢層への不満を強めています。

円相場も史上最大の嵐に見舞われました。英国の欧州連合(EU)離脱が確実になったことで、「安全資産」とされる円に資金が一気に流入、1日の値幅は7円を超え、過去最大の変動率を記録しました。海外投機筋の短期的な売買が主導する一方、それ以外の投資家が市場から姿を消したことが拍車をかけています。

24日の午前11時40分すぎ、わずか3分ほどで1ドル=103円台半ばから99円ちょうどまで瞬く間に円高が進みました。対ポンドに至っては早朝に1ポンド=160円ほどのレートが135円と数時間のうちに2割近く急騰、主要国間の為替取引では極めて異例の事態となっています。

日本は国債や借入金、政府短期証券などをあわせた「国の借金」の残高が2015年末時点で1044兆5904億円、国民1人当たり823万円の借金を抱えているにもかかわらず、なぜ海外では日本円が「安全資産」とみなされるのか、これには理由があります。

日本銀行の資金循環統計によると、2015年12月末の個人金融資産残高は、前年比29兆円(1.7%)増の1741兆円あると言われています。日本国としては1044兆円の赤字ですが、日本人全体の個人金融資産が大幅な黒字となっているため、短期的に日本国債が破綻するリスクは低いと言えます。

しかしながら今後ますます深刻になる少子高齢化によって年金・医療などの社会保障関連費用が膨らむことは確実であるため、何ら有
効な対策をしなかった場合、近い将来、国の借金が個人金融資産よりも多くなってしまう日がやってきます。

イギリスでは今回の国民投票の結果、離脱を支持した高齢層と残留を求めた若年層ら現役世代との溝が深まる結果となっていますが、いつか日本でも財政的に優良な県や市が日本国からの独立を求めて住民投票を実施する日がやってくるのかもしれません。
続きを読む >>
| 香港IFA木津英隆 | 日本と世界経済 | comments(0) | - | - | - |